セイジ / セージ [Sage]

2014/9/19 テレビ放映後、人気集中!

強い抗酸化作用があり、記憶力や感覚を向上する働きがあるセイジ。
ヨモギに似たような強い香りがあり、オレガノやタイム、マジョラムと同じシソ科で西欧料理によく使われます。

料理のスパイスとしてはもちろん、ハーブティーで飲むことも多いですね。
料理作りにちょっとセイジをふりかけたり、ハーブティーで飲んでみたり。

殺菌力を持つタンニンが含まれているため、喉の痛みや口内炎に、そしてうがいとしても利用できます。

収斂作用もあり、月経過多、多汗、母乳の分泌を抑える目的でも使用され、長寿をもたらすハーブとも言われています。

抗酸化作用がもっとも強いため、老化防止に役立ち、女性が50歳超えたら1日1杯おススメのセイジ

2014/9/19朝日テレビでモロッコではセイジ茶を日々飲んでいるシーンが出た直後から、こちらのハーブにご注文が集中してます。

ドイツでは喉の調子が悪いときに飲むハーブとして、2012年12月15日『世界一受けたい授業』でも紹介されました。
ほか、ウイルスに対する殺菌力を持つタンニンが含まれているため、喉の痛みや口内炎などを和らげるセージティーでうがいをすることも紹介されました。


学名: Salvia officinalis
科名: シソ科
原産国: アルバニア
部位: 葉 カット
品質: 原産地有機農産物認証
味: 辛味、苦味、渋味
主要成分: フラボノイド、精油、フェノール酸、ジテルペン型苦味物質カルノソールなど



セイジの楽しみ方


材料:レバー    300g
セイジ    小さじ1
お酢     大さじ2
小麦粉    適量
卵       半個
パン粉    カップ半分
塩・こしょう  各少々
揚げ油    適量
作り方:
1、ボールに水とお酢を入れ、その中にレバーをつけ臭みをとります。
2、1、につけたレバーをキッチンペーパーで水気をよくとり塩・こしょう、セイジをぱらぱら振ります。
3、2、を小麦粉。溶き卵、パン粉をつけ、油で揚げます。
4、お好みのソースまたはレモン汁をかけて頂きます。
セイジがレバーの臭みを軽減してくれます。
材料:セイジ・ユーカリ・ローズマリー 合わせてカップ半分
シナモン  少々
使い方:
鍋に袋に入れたドライハーブと水をいれ沸騰したら火を止め、そのまま30分位待ち浴槽にいれます。
森林浴気分でさっぱりと気分転換、デオドラント効果もあります。
材料:セイジ    小さじ2
ラベンダー 小さじ1
作り方:
1、ボールに材料をいれ、熱湯1?位注ぎ1分火にかけます。
2、1、を安全な場所に移し、イスに座って顔をボールのそばに寄せ湯気をあてます。
その時は事前に顔をよく洗っておきます。
3、湯気が逃げないよう頭からすっぽりタオルで覆います。
4、5分くらい、目を閉じてゆったり湯気を吸い込みます。
5、終わったら、ぬるま湯で軽く洗い、冷たくしたタオルで顔をおさえます。
6、最後に化粧水で肌を整えます。
フケ・カユミ用
材料:セイジ 大さじ3
ラベンダー   大さじ3
ローズマリー  大さじ2
ペパーミント  大さじ1
アップルビネガー
作り方:
1、ビンに材料を入れ、アップルビネガーをひたひたになるまで注ぎ2週間置きます。
2、1、を超して清潔な容器に移します。
3、2はシャンプーのたびに約20倍位にうすめて頭皮にマッサージします。
その後ゆすぐ必要はありませんが、気になる方は軽くゆすいでください。
セイジ / セージ [Sage]

販売価格: 540円~1,188円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ 在庫
40g [定価 500円+税]
80g [定価 900円+税]
120g [定価 1100円+税]
サイズ:

販売価格: 540円~1,188円(税込)

数量:
商品をカゴに入れたあと、40分ほど放置しますと、セキュリティ上カゴの中は空になりますのでご注意ください。後ほど購入される場合は、「お気に入り」登録等をご利用くださいませ。
■携帯スマホの方がログインできないケースが増えています:当店では下記のブラウザのみ動作確認ができていますが、ほかのブラウザ使用の場合は、カゴに入らなかったり、ログインができない場合がございます。
iPad iOS 6.0以上: Safari
Android 4.1以上のタブレット: Chrome



<ハーブティーの入れ方と量の目安> 

  *ご案内は標準的な淹れ方ですので、美味しいと思われる量や蒸らし時間でお楽しみくださいませ。
  *嗜好品のお茶としてのご購入量の目安:カップ一杯分の茶葉は約4g。1日1回、お食事後に。
  *妊娠中の方、薬を服用されている方は事前にかかりつけの薬剤師や医師にご相談の上ご利用ください。

ハーブティーの入れ方と量の目安


   ◆食用ハーブの乾燥工程とハーブの上手な保管方法